ポリッシャーの操作方法

 

1.用途に合わせて、ブラシまたはパット台をポリッシャー下側の取付金具に押し込み、左に回して噛み合わせ、しっかりと取り付けてください。

取り付け方

この際噛み合わせて引っ掛かるだけの状態ですが、ポリッシャーの回転方向とは逆に噛み合わせますので操作中にブラシやパッド台がはずれてしまうという
心配はございません。

2.ポリッシャーのプラグをコンセントに差し込む前に、本体スイッチが「切」になっていることを確認してから差し込んでください。

  • 万一「入」になっている状態で電源コンセントを差し込むと、事故や故障・破損の原因になります。ご注意ください。
  • 初めてポリッシャーを操作される場合やポリッシャーに振られるのが不安な方は、急な事態に備えコンセントからすぐにプラグを抜いてもらえるよう、誰かにコンセントの前で待機してもらうと安心です。

3.ポリッシャーを立て、ハンドルを腰の位置に固定します。

ポリッシャー姿勢 ハンドルの位置は腰の高さが一番操作しやすいようです。
ポリッシャーを試運転する場合は広くて障害物のない場所で、水や洗剤などを撒いて床面との抵抗を少なくしてから行ってください。

角度調整1
スライド式の場合はレバーをゆるめ、お好みの高さでレバーを締めてください

角度調整2
ペダル式の場合は移動用車輪を跳ね上げ、ハンドルは一番低い位置に固定

4.本体が床に対して水平になっているかを、必ず確認してからスイッチを入れてください。

コンセント
初めて操作される方は、ハンドルを上下にして右や左に動かし、操作に慣れてから広い場所で操作しましょう。
また、安心して操作できるようにほかのスタッフに本体を支えてもらったり、
コンセントからすぐにプラグを抜いてもらえるよう待機してもらうと良いでしょう。

5.ポリッシャーの回転を利用して、前後左右に移動させます。

  • ハンドルを下げれば左に、上げれば右に走ります。
  • 中心に対して前後の設置摩擦が同じになれば、ポリッシャーは同じところで回転します。
  • 前進するにはハンドルの右手側を上げます。
  • 後退は左手側を上げます。万一、操作を誤ってポリッシャーが走り出しても、慌てずハンドルを上下し落ち着いて対処しましょう。
    一番最初に合わせたハンドルの位置を覚えておくと良いかもしれません。

6.作業中断、終了したときは必ずプラグを抜き、コードを巻き取っておきましょう。

そのままにしておくと誤って電源が入ってしまったり、コードに足を引っ掛けたりと、思わぬ事故につながるおそれがあります。

7.装着していたブラシやパッドは必ずはずし、汚れを落として乾燥した場所に保管しましょう。

  • 取り付けたままにしておくとブラシやパッドが変形し、使用できなくなります。また、剥離時に付いたワックスの残りカス等が固まって、ブラシやパッド台が取り外しにくくなってしまいます。マイナスドライバーで外す
  • ハンドルや本体は湿った布などで拭き取り、風通しの良い場所に保管してください。
  • また、車輪やハンドル取付部分など可動箇所には時々油を注してください。

フロアーポリシャーの使い方のコツ

使い方11.まずポリッシャーを横倒しにして軸の爪にしっかりブラシを固定して起こしてください。

使い方22.ハンドル下部のレバーを上げるとハンドルを倒すことができます。腰のあたりでハンドルを固定してください。ペダル式の場合はペダルを踏んで腰のあたりまで倒します。

使い方33.スイッチ(切)を確認してからコンセントを差し込んでください。初めての方はポリッシャーが左右に振れても人や壁に当たらないような広い場所で。また、念のためコンセントの差し込みのところに待機していただければ、万一ポリッシャーが大きく振れても、コンセントを抜けば止まりますので使用される方も心強いと思います。

使い方44.床に対してポリッシャー本体の水平を確認してからスイッチを入れてください。スイッチを入れるときはハンドルを上下させないようにしてください。

使い方55.スイッチを入れると、初心者の方はまず本体がその場で安定する位置を覚えてください。(ハンドルの高さを覚えてください。)本体が水平ならスイッチを入れてもほとんど左右に振られません。ポリッシャーは回転を利用して左右に移動しますので、今の安定している場所からハンドルを少し上下することで、ポリッシャーが左右に移動します。あとは経験を積んでいただくことです。※スイッチを入れるときはハンドルを上下させないようにしてください。

使い方66.ブラシの外し方:使用後はポリッシャー裏の軸の爪とプレートの爪のスキマにマイナスドライバーを差し込み、ドライバーを少し左右に振ると簡単に外れます。

初心者の方に

スイッチが「入り」になっている状態で電源コンセントを差し込んでも動き出す心配がないカンカン安全ポリッシャーがオススメです。